高脂血症――コレステロールのお薬、クレストールを処方されています。

今日も薬局で28日分を貰いに行ったのですが、薬剤師さんからいつもと違うお返事が。

薬剤師さん
薬剤師さん
クレストールのジェネリックが出ましたよ

ジェネリック医薬品は「有効成分が同じでも添加物が違っているせいで効き目がちょっと違う」という意見もありますが、これに関しては添加物も同じであるとか。

ならば安いほうがいい、というかコレステロールのお薬で効き目の実感なんてありません(※血液検査の数値は下がっています)。早速切り替えてもらいました。

なんというか、パッケージもほぼ同じなんですね。

左がジェネリックであるロスバスタチン、右がクレストール
左がジェネリックであるロスバスタチン、右がクレストール

薬剤師さん曰く、工場も同じなのだとか。
調べてみるとオーソライズド・ジェネリックというもので、生産ライン自体が同じであるようです。

で、お値段。
28日分でクレストールが168点、今回が84点。1点=10円で3割負担なので、1ヶ月分で252円安くなりました!

……微々たるものですね。

とはいえ長期間飲み続けないといけないお薬なので、中身変わらず安くなるのはありがたいことです。