港区迷所の旅。高輪橋架道橋。

田町駅と品川駅の間は山手線で一番距離がありますが、線路を渡れる部分は車道歩道含め2か所しかありません。田町駅そばの札の辻交差点の陸橋と、2駅の中間地点である「高輪橋架道橋」です。架道橋――つまりガード下です。

とても背が低い!

この場所、高さ1.5mです。小学校高学年なら頭をぶつける高さです。

電車の高さと比べて、その低さがわかるでしょうか。

目の高さで撮影してこれです。
しかも終わりが見えません。

実はここまで1.6m程度でした。進むとさらに低くなります。ここが1.5mです。

夜でもけっこう人通りがあります。ここを通らない場合は歩いて15分の札の辻交差点か、やっぱり歩いて20分の品川駅までいくしかありません。

タクシーの提灯が天井スレスレです。スーツの方は背が高く苦しそうです。

車道には鋲が打たれています。速度を落とさせるためとも取れますが、「あまりにタクシーの提灯が天井にあたるので、通らないようにする嫌がらせ」とも言われています。真偽のほどは如何に。

通り抜け終わりました。上り坂になっているのでさらに低く見えます。

高輪側から港南側への通り抜け、約230mでした。車はこの方向に一方通行になっています。
次の地図は都合上、通り抜けたあとの高浜公園を差しました。道路に住所はないので……。

2020年までになくなる可能性大

この高輪橋架道橋のあたりは山手線新駅の建設予定地になっています。都営地下鉄泉岳寺駅もすぐそばにあり、新駅がこの真上ぐらいにできる予定です。
そうなればこの使いにくい道もなくなって、駅を通り抜ける形で渡れるでしょう。車は品川駅の近くに幹線道路が引かれる構想になっています。

工事中は渡れるのでしょうか? 封鎖されると20分の遠回りになります。泉岳寺駅は高輪側にしかないので、港南側に通勤している人はさぞ困ることになるでしょう。