嫁さんがお昼に辛いラーメン食べてきたいということで、子供をお昼寝させて出かけていきました。
私は辛いものは苦手なので、留守番。

7ヶ月の乳児と二人きりという状況。いままでほとんどありません。

今後、結婚式などで嫁さんがひとりで出かける予定がいくつかあります。今回は1〜2時間で帰ってくることが分かっている、育児の練習です。

起きたら泣くけど手立てなし

赤ちゃん
赤ちゃん
あ゛あ゛あ゛ーーーーーっ! あ゛ーーーーーっ!

起きたら第一声、まず泣く。お母さんを探して這いずり回りながら泣く。

私
はいはいミルクどうぞー
赤ちゃん
赤ちゃん
あ゛ーっ! あ゛ーーーーーっ!(泣きながら哺乳瓶押しのける)

私がミルクあげると手で押しのけるんですよね。前からそうでしたが、大きくなってきてからは特に。お母さんがあげると飲んでくれるんですが……。

しょうがない、先におむつを替えて……泣き止まない。哺乳瓶はなんとしても押しのける。絶対に飲まないという強い意思を感じます。

お母さんに電話はしない

困ってお母さんに電話しようかと思ったのですが、やめておきました。しばらくすれば帰ってくるでしょうし、今回なんとかなっても次から安心して出かけらなくなります。それはあまりに不甲斐ないです。

ググってみよう、と思ってひらめいたテレビ

じゃあネット検索してみよう、5分もあれば済むことだし。
とスマホをいじり始めたら子供がスマホに手を出し始めて。

……ん? ディスプレイに興味あり?

私
ということはテレビでも行けるか!

お母さんがしまじろうの番組を録画しているので、再生。無事そっちに興味がうつって、泣き止んでくれました。
調子に乗って哺乳瓶くわえさせたら、これも飲んでくれて。

やれやれ、というところで嫁さんが帰ってきてくれました。

細かな経験の積み重ね

こういった引き出しのすくなさ・多さが育児の上手い下手につながるんでしょうね。平日の育児は投げっぱなしなので、必然、下手なのです。
だから平日もやろう……というわけにはいかないですが、ちょっと対策を打たないとダメですね。予定の日にはベビーシッターでも呼ぼうかな、とちょっと弱気な感じです。